cast&staff

🌱cast


松浦りょう
1995年生まれ、徳島県出身。モデルとして数多くの雑誌に登場し、ミュージックビデオやCMにも出演。映画「渇き。」で女優デビューを果たす。2019年は大河ドラマ「いだてん」、Netflixドラマ「全裸監督」などに出演。2020年に公開の作品も控えており、ますますの活躍が期待される。
五頭岳夫
1948年生まれ、新潟県出身。劇団「青年劇場」に20年在籍し全国47都道府県を巡演。映画『教誨師』(佐向大監督)で文盲の死刑囚を好演。
佐藤結良
2006年5月11日生まれ。
2019年5月より公開中の映画『僕はイエス様が嫌い』(奥山大史監督)で初主演。奥山監督が「台詞に嘘が無い少年」と評した佐藤結良は、13歳になり、私生活ではバスケとボーカロイドに熱中している。
水木薫
NHKドラマ「喪服のランデブー」をはじめ、NHKドラマ「平清盛」やTBSドラマ「金八先生 第4シリーズ」、CXドラマ「コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-」、EX「仮面ライダー響鬼」など数多くの作品に出演する。映画では、「学校の怪談」や「呪怨2」「みなさん、さようなら」などに起用され、「チョコレートドーナツ」や「最愛の子」などの映画予告ナレーションも務める。第15回ヨコハマ映画祭で、作品「ゲンセンカン主人」にて助演女優賞、第21回おおさか映画祭で作品「きけ、わだつみの声 Last Friends」にて助演女優賞を受賞する。2016年NHK-BSプレミアムプレミアムドラマ「ママゴト」第1話、第2話に出演し、映画「アズミ・ハルコは行方不明」にも起用されるなど数多くの場で活動している。特技は英会話(ディスカッション・フリートーク・セリフ etc)、ピアノ(コンクール参加経験あり)。趣味は戯曲翻訳、日舞。
高橋佳子
1998年3月26日生まれ、愛知県出身。現在、大学に通いつつモデルとしても活躍する。兄はモデルの高橋義明。
松㟢翔平
1993年生まれ、埼玉県出身。『テラスハウス TOKYO 2019-2020』に出演中。公開待機作に『バージン協奏曲 それゆけ純白パンツ』(小栗はるひ監督)など。
ファッション誌"GINZA"にて『翔平のもしもし台湾』などのコラムも連載中。

🌱staff

監督:金子由里奈
1995年 東京生まれ。立命館大学映像学部卒。立命館大学映画部に所属し、これまで 多くのMVや映画を制作。チェンマイのヤンキーというユニットで音楽活動も行なっている。 監督作『食べる虫』(2016)が第40回ぴあフィルムフェスティバル一次通過作品となる。山戸結希監督プロデュース『21世紀の女の子』(2018)公募枠に選出され、伊藤沙莉主演の短編作品「projection」を監督する。同年、自主映画『散歩する植物』(2019)が,第41回ぴあ フィルムフェスティバルのアワード作品に入選し、香港フレッシュ・ウェーブ短編映画祭でも上映される。長編最新作『眠る虫』はムージックラボ2019にて見事グランプリに輝いた。
音楽:Tokiyo (And Summer Club)
関西で活動するソングライター。And Summer Clubのギタリスト。エレキギターのループ演奏によるドリーミー且つ不穏なサウンドが特徴。これまでmei ehara、菅原慎一BAND(シャムキャッツ)、増子真二(DMBQ)など、幅広く様々なアーティストと共演。2018年末7inchシングル、『Wakefulness』を発表。
撮影:平見優子
1994年生まれ、東京都出身。中学生から映画制作をはじめ、早稲田大学在学中に自主映画サークルに所属し、撮影作品がいくつかのコンペにてノミネート、受賞する。2018年、撮影を務めた『少女邂逅』(枝優花監督)が大きな反響を呼ぶ。撮影助手として、映画やCMなどの撮影に参加しつつ、ショートフィルム、インデペンデントフィルム、MVなどの撮影を務める。主な撮影を手がけた作品に『少女ピカレスク』(18/井口昇監督)、『BEATOPIA』(18/小川紗良監督)など。今年は『放課後ソーダ日和 特別版』(枝優花監督)『暁闇』(阿部はりか監督)が公開。

松浦りょう|五頭岳夫|水木薫|佐藤結良|松㟢翔平|髙橋佳子|渡辺紘文

監督/脚本/編集:金子由里奈|楽:Tokiyo|助監督:古田智大|撮影:平見優子|照明:日比野博記|録音/整音:五十嵐猛吏|特技監督:青井泰輔|美術:中村哲太郎|ヘアメイク:石松英恵|衣装:川崎祐美|スチール: 北田瑞絵|ビジュアルデザイン:原野萌|企画:直井卓俊|プロデューサー:藤田直哉|ちらしデザイン:清水啓吾|特別協力:小原治|配給:yurinakaneko
2019|カラー|5.1ch|スタンダードサイズ|62分